忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 14:15:10 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

田村議員、自民を離党。

  posted by MNG at 18:34:21 │EDIT
【怒】 自民・田村氏が離党へ
12月18日14時0分配信 
時事通信
 
 自民党の田村耕太郎参院議員(46)=鳥取選挙区=は18日午後、離党届を同党事務局に提出した。この後、参院議員会館で記者会見し、離党の理由などを説明する。自民党が今年8月の衆院選で惨敗し、野党に転落して以降、現職議員の離党は初めて。
田村氏は2002年10月の参院鳥取補選に無所属で出馬し、初当選。その後、自民党入りし04年に再選され、来年夏に改選を迎える。民主党比例代表からの出馬などが取りざたされている。 


田村耕太郎が自民離党を表明した。
最近は鳥取県の特産品のスイカをドバイに売り込んだりして目立っていたが、ドバイショックの影響はあるのだろうかなどと考えたりもする。

思い返せば2002年の参院補選、田村氏は新聞社に在職したまま無所属で立候補して批判を受けたりしていたが、それ以前の選挙では常に自民党と対決していたし、その主張は結構リベラルな感じだったので私も投票した。
結果は、保守系無所属候補を破って見事当選。
メデタシメデタシと思っていたら、なんとあっという間に自民党に入党してしまい、あっけにとられたものだ。

今回も、機を見るに敏というか無節操というか、彼らしい行動だ。
民主党から出馬するつもりなのだろうか。
こういう人を立たせたら、民主党の方が信用をなくすと思うのだが。
県民はどう思うのだろう。
かつて選挙で戦ったこともある、石破サンの意見も聞いてみたいものだ。


PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [20]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 「護憲+」第七期スタート  (百山・管理人) 「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと   (笹井明子) 「護憲+」ブ...
本ブログで指摘し続けてきた小沢氏の誤った天皇の国事行為論を小沢氏が間違いだとやっと認めた。 この問題は小さな問題ではない。
今から10年前、21世紀を迎えるにあたり、いつもどこかで戦争が起きていて、資本主義の謳歌と裏腹に弱肉強食がはびこっていた20世紀が間もなく終わり、いよいよ平和で調和の取れた時代に向って人々の叡智が動き出すだろうという、新世紀への漠たる希望を感じていた。 しかし現実には、21世紀に入って間もなく9.11アメリカ同時多発テロがおき、ブッシュ政権とそれに追随する小泉元総理を含む世界の“リーダー”たちによって「テロとの戦い」という名で戦争状態は拡散され、並行してネオコンによる「新自由主義」の席巻で新たな貧困が拡...
世はクリスマスと浮かれていたがそれも終わり、あと1週間で新しい年になる。 東京では年末年始に求職者に対して、緊急的に宿泊先や食事を用意する「シェルター」を設置する。 12月28日の午後から、2010年1月4日朝までの8日間設置される。
私は何だか訳のわからない怪物につかまった。 その名はtwitter。 津田大介さんの「twitter社会論」を読み終えました。 私のこの怪物に捕まられた状況を感想文としてそのtwitterで「tsudaって」みます。
このまんがで読破シリーズである種の感慨を持って読んだのが坂口安吾の「堕落論」だ。 戦争についてこれだけ我々の世代は真摯に受け止められない。 やはり親の世代のものだ。 しかしこういう文学の形で戦争は後世に伝わって行く。 こういう作品を我々は大事に読み続けなければならないと思う。
2009年12月25日 (金) 年越しシェルターと言う記事で労働組合等の要望を紹介しました。 その内いくつかは実現したようです。
ローザ・ルクセンブルグの「経済学入門」が出てきたのには驚いた。 斜陽は当時交際していた太田静子の日記がほとんどそのまま書き写されたものであることが、娘・太田治子によって明かされた
年末年始の音楽番組の紹介です。 BS 1・2・3の番組です。 マイケルジャクソンとビートルズがお勧めです。
j-waveというFMのチャンネルで11月29日夜「IT業界重大ニュース2009」の発表があり先日twitterで書評を書いた「twitters社会論」の著者である津田大介さんが出演して発表した。
ンポジウム・新しい東京 福祉・環境都市を目指して —石原都政への対抗軸—
梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ 著者の『ウェブ進化論』と『ウェブ時代をゆく』は福沢諭吉の『西洋事情』と『学問のすすめ』の関係であるという。 『ウェブ進化論』は ウェブの紹介本という趣があったが『ウェブ時代をゆく』は 若者への生き方のガイドという趣がある。 どちらが名著かわからないが福沢諭吉の場合は後者だろう。 梅田望夫氏の場合はこれからの読者が決めるだろうがこの本の方が残るかもしれないと思う。
梅田望夫氏の『ウェブ時代をゆく』を読んだ 著者の『ウェブ進化論』と『ウェブ時代をゆく』は福沢諭吉の『西洋事情』と『学問のすすめ』の関係であるという。 『ウェブ進化論』は ウェブの紹介本という趣があったが『ウェブ時代をゆく』は 若者への生き方のガイドという趣がある。 どちらが名著かわからないが福沢諭吉の場合は後者だろう。 梅田望夫氏の場合はこれからの読者が決めるだろうがこの本の方が残るかもしれないと思う。
私はTwitterに今すごく意味合いを感じているので今後何回か記事を書きます。 まずこのニュースから http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100105_340504.html 鳩山由紀夫首相は1日、ミニブログサービス「Twitter」の利用を開始した。アカウントは「@hatoyamayukio」。合わせて、ブログ「鳩cafe」も開設した。 Twitterに投稿するメッセージは、鳩山首相がスタッフの意見を聞きつつ、基本的に自身が執筆している。 「首...
今夜7時のニュースの後テレビを付けっぱなしにしていたら「咲くやこの花」という番組が始まり私は藤原定家ですとナレーターが語り始めたので、それまでパソコンに向かっていたがソファーに座り直してじっくり見てしまった。 百人一首をテーマにした初めての時代劇だそうだ。 10回あるようなのでなるべく観ようと思います。
まんがで読破「蟹工船」を読んだ ラストシーンは二度目のストライキが成功する。 原作はそうだったと思うのでこれは原作に忠実ということになる。 二回の映画と白樺文学館作漫画の漫画は「僕らは立ち上がったもう一度!」で終わっていると思う。 最後には蟹工船の主任監督浅川までもが首になるという終わり方がなかなか暗示的で現代的だと思った ところで 蟹工船ブームには去年訪問した我孫子市の白樺文学館のこの漫画が果たした役割が大きいようだ。 志賀直哉は 「一番念入ってよく書けていると思ひ、描写の生々と新しい点感心し...
まんがで読破「蟹工船」を読んだ ラストシーンは二度目のストライキが成功する。 原作はそうだったと思うのでこれは原作に忠実ということになる。 二回の映画と白樺文学館作漫画の漫画は「僕らは立ち上がったもう一度!」で終わっていると思う。 最後には蟹工船の主任監督浅川までもが首になるという終わり方がなかなか暗示的で現代的だと思った ところで 蟹工船ブームには去年訪問した我孫子市の白樺文学館のこの漫画が果たした役割が大きいようだ。 志賀直哉は 「一番念入ってよく書けていると思ひ、描写の生々と新しい点感心し...
以下のように新しいテキストでの勉強会を始めます。 奮ってご参加ください。              記 1. テキスト ミューズへの挑発_現代短歌・七歌人論 (単行本) 檜葉 奈穂 (著) 2. 日時 2010念1月から7月まで 第一回 2010年1月28日(木)辰巳泰子 報告者 大津留公彦 第二回 2010年2月26日(金)俵万智  報告者 藤田喜佐代 3. 場所 柏駅西口 喫茶コンパル 4.主催  湖畔短歌会(新日本歌人協会安孫子支部)
1月15日の朝日新聞に宜野湾市の宮城武雄さんの短歌が紹介されていたので紹介します。 なかなか短歌の説得力を歴史ととも紹介したいい記事だと思います。 墓地接収解除願えども 米民政官声荒げて 「no」の一声 (1955の解除要求時に)
不思議なドラマだった。 どこまでが震災当時10歳で地震を経験した森山未來と13歳だった佐藤江梨子の実話かわからない。 会話などはおそらく事実なのだとおもった。 それくらいリアリティがあった。 震災の経験者である二人にしかできないドラマだったのだろう。 佐藤江梨子は最近、ナチス強制収容所での体験を綴った「夜と霧」を読みなし、「いい人が先に死んでしまった」という言葉にいろいろ思い出したという。 震災で亡くなった友達の「ぼろぼろになったおっちゃん」と合いベランダのおっちゃんと手を降り合うシーンでは涙が出た...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。