忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 12:12:22 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最後まで「KY」だった哀れな御仁。

  posted by MNG at 16:21:15 │EDIT

【怒】 【哀】 「改めて深くおわび」安倍首相、都内の病院で陳謝の会見

 そのうえで、「辞意表明が国会冒頭で、特に所信表明演説の直後という最悪のタイミングになった。国政に支障を来し、国民に多大な迷惑をかけたことを改めて深くおわびする」と陳謝した。

 首相は、突然の退陣を表明した翌日の13日に「機能性胃腸症」と診断されて入院して以降、初めて公の場に姿を見せた。

 辞任の決断について、「この一か月間、体調は悪化し続け、自らの意志を貫くための基礎となる体力に限界を感じるに至った。もはや首相としての責任を全うし続けられないと決断し、辞任表明に至った」と述べた。

 (中略)

 次期衆院選への対応については「地元の皆様のご理解をいただき、政治家を続けていきたい」と語った。

2007年9月24日21時26分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070924i111.htm


この会見の中の、「自らの意志を貫くための基礎となる体力に限界を感じるに至った。もはや首相としての責任を全うし続けられないと決断し、辞任表明に至った」という言葉が、安倍総理が国民のことなど全く考えていなかったことを示している。

彼にとって「首相としての責任を全う」するということは、国民に対する責任を果たすことではなく、「自らの意志を貫く」ことだったのだ。
実際に「美しい国づくり」「戦後レジームからの脱却」などという「ワタクシ」の意志に基いて、国民投票法案や教育基本法改正案などの時代錯誤法案を、度重なる強行採決で通過させていった。

国民のことを考えない首相が国民の支持を失うことは当然であり、それが参院選の惨敗に繋がったのだが、それでもこのボンボン総理は「自らの意志を貫」こうと続投を表明し、臨時国会で所信表明演説までしておきながら、結局逃げ出してしまった。

その上この期に及んでまでも、「地元の皆様のご理解をいただき、政治家を続けていきたい」などと寝言を言っている。
これだけの醜態を演じておきながら、まだ政治家にしがみつこうとするとは、どこまでも「KY」だとしか言えない。
潔く議員辞職して身を引くのが、身の為だと思うのだが、、、。
哀れだ。

PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [0]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。