忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 22:38:18 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

検察のやり方は違憲?

  posted by MNG at 19:11:36 │EDIT
【喜?】 検察の強引なやり方に様々な批判が集まっているが、小林節慶大教授が法的な観点から疑問を呈している。
検察の恣意的運用が可能になるようであれば、政治資金規正法自体が違憲・無効になるという。

現在の日本の状況は、まさに検察のやりたい放題、法治国家の体をなしていないのではないのか。
検察の暴走を許してはならない。



だれが立法者なのか?
2010/02/02の紙面より

小沢一郎民主党幹事長にまつわる政治献金疑惑に関するテレビ討論に参加して、不可解な問題を発見した。

それは、政治資金規正法を作った(そして作り直すこともできる)国会議員たちが、それを運用(適用)する検察官(であった弁護士)たちに対して、不安げに、どうしたら違反になるか?と尋ねている事実である。

政治資金規正法に限らず、それに違反したら刑罰を科せられる法令については、憲法(31条)の要請として、その内容が明確でなければならない…とされて いる。それは、思えば当然で、何をしたら犯罪になるかならないかの基準がはっきりしない社会では、私たちは、いつ捜査当局の恣意(しい)で摘発されるか分 からず、不安の中に生活し続けなければならないことになる。だから、文明諸国に共通する法原則のひとつとして、明白性の原則があり、刑罰法令は、国民に とって、行為前に、許される行為の限界をはっきり示していなければ、いわば「落し穴」(罠)で、危険であるから、違憲・無効とされる。

だから、政治資金規正法に従って資金の収支を公開した報告書に誤記載があった場合に、かつては「修正」で済んでいたものが、ある時期から、それは故意 (悪意)の虚偽記載だと疑われ、家宅捜索を受け担当者が逮捕され拘置されて取り調べを受ける…と、(立法を経ずに)法律の内容が変更されたとしたら、政治 家と秘書はたまったものではない。

時々、報道で、政治資金規正法に対する検察の考えがある時点で変わった…と言われる。しかし、それはおかしい。

刑罰を科されることは、即ち、人権を剥奪(はくだつ)されることである。だからこそ、その根拠は、人権の持ち主である主権者・国民の直接代表たる国会が 定めた法律でなければならず、法律を一次的に執行する行政庁の考えの変更であってはならない。これが法治主義の大原則である。

今回の小沢献金疑惑を大きな教訓として、国会は、党派を超えて、政治献金の取り扱いについて、できる限り検察に大きな裁量の余地を残さない、明確な基準を定めるよう真剣に努力すべきであろう。

その際に、過大な会計事務が政治活動の障害にならぬよう、実態に即した安直な基準を立て、その他の点は選挙による判断に委ねる制度にしたら良いはずだ。

(慶大教授・弁護士)

http://www.nnn.co.jp/rondan/ryoudan/index.html


PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [7]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 「護憲+」第七期スタート  (百山・管理人) 「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと   (笹井明子) 「護憲+」ブ...
★普天間基地問題!鳩山政権の打開策は?画像はクリックで拡大します。普天間基地問題
 先月31日に秘密裏に行われた民主党小沢幹事長に対する東狂痴犬特騒部の事情聴取を受け、 念願の小沢失脚を実現するため痴犬のリーク情報を率先して垂れ流す「下野なう」惨経 は2日付けで「小沢氏再聴取、議員辞職が責任の取り方」と題する 噴飯物の社説 を掲載した。  現時点で小沢幹事長は東狂痴犬特騒部による事情聴取を2度受けただけである。しかも小沢氏を告発した「真実を求める会」なる団体は、その代表や構成メンバーも不明な怪しげな組織である。  それなのに何故に 「下野なう」惨経風情に議員辞職まで求められなけれ...
  産経は、世の中の別の動きに本当に疎いようだ。疎いというよりは、 一部偏執狂的な記者を珍重したゆえに周りが見えなくなってしまっている のであろう。 産経の中にも まともな感覚を持った記者は多数いる はずである。何よりも 退社後に素晴らしい記事や本を書いている方を見かける につけ不思議な思いがしてくる。 昨日、しんぶん赤旗について書いたのだが、赤旗の発行部数は、平日30万部・日曜版は130万部だと言われている。ところが産経は、実質100万部(中には76万部)だとさえいう方もいる。ようは、日曜日の 産...
今日、 「横浜事件」は、事実上の無罪判決とされ請求通の刑事補償を支払いこれで一定の名誉回復が図れる だろうとの見解を示している。 最近の日本共産党執行部の凋落には驚かされた方も多くいる。先日の国会での志位委員長の発言はさておき、68年もの間「言論の自由」のために戦い抜いたこの事件に志位はどんな感想をもっているのだろう。 「拷問による自白は信用できず、認定できない」 この意味を日本共産党はよく考えたらいい。「ビラ配り有罪」で刑事罰の是非、つまり、 政治的なビラは有罪で飲食のビラはお咎めなしというアンバ...
 ここ二三日、「 一年も、特定の議員(小沢氏)を追いかけて 」という記事や言葉をよく聞く。この言葉は、正しくもあり誤りであると自分は思っている。 ようは、 西松事件(大久保秘書の事件)は、未だに公判中 であるが、 西松本体の事件は「西松建設の全面的な降伏 」で手打ちが済んでいた事をもう一度よく考えた方がいい。 西松建設は、特捜部に全面降伏をし逢坂貞夫・元大阪高検検事長を社外取締役にしたのが、昨年6月(5月15日発表)である。 http://www.nishimatsu.co.jp/press/200...
  狙われて取り調べられたら、 ほぼ確実(99%)に起訴をする地検特捜部が、小沢氏を起訴が出来なかった。 つまりこれは何を意味しているのか。 東京地検は、嫌疑不十分としあたかも疑惑が残っているようなブリーフィング【 briefing 】つまり、簡潔な状況説明というか意識合わせと言うか口裏合わせは行われるのだが、正式な記者会見(カメラも入れた)を行う事はしなかった。 結果「 大手マスコミはグレーだグレーだと騒ぐ 」。しかしこれは 起訴率99%の地検の捜査でも証拠が出なかったという事実を少しでも誤魔化し...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。