忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 04:02:59 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ゲゲゲ」に新語・流行語大賞。

  posted by MNG at 00:19:36 │EDIT
 【楽?】 流行語大賞は「ゲゲゲの~」=「脱小沢」は受賞者辞退

時事通信 12月1日(水)17時19分配信

 今年の流行や世相を反映した言葉を選ぶ「2010ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日発表され、漫画家水木しげるさんの妻武良布枝さんが貧しくても自分なりの幸せを見つけていく女性の姿を描いた自伝で、NHK朝の連続テレビ小説にもなった「ゲゲゲの~」が大賞に選ばれた。
武良さんは授賞式で、水木さんの取材に訪れた出版関係者に勧められ執筆したエピソードを披露。「あるがままを書き連ねたものがヒットし、夢の中を漂うような気持ち」と語った。
政治関連では、小沢一郎民主党元代表の影響力を弱めようとした動き「脱小沢」が入賞したが、受賞者が辞退。受賞者は「公表していない」(事務局)といい、辞退理由も明かされなかった。
育児に積極的に取り組む男性「イクメン」や、居酒屋で恋愛話などに興じる女性だけの飲み会「女子会」、所在不明高齢者が相次ぎ社会問題化した「無縁社会」も入賞した。
ラー油に具を加えご飯のおかずにした「食べるラー油」や、お笑いコンビ「Wコロン」のねづっちが謎掛けをした後の決めぜりふ「ととのいました」もトップテン入り。ねづっちは「今年初めまで生活は全く整っていなかったのに」と話し、笑いを誘った。
 

今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞に、「ゲゲゲの~」が選ばれた。
このドラマのヒットの要因は、水木しげる氏のユニークな人柄と、貧しさに負けずに自分の道を進む姿勢にあったと思うが、それだけではなく、調布の商店街の人たちとの人間的なふれあいも、視聴者の共感を呼んだからではないかと思う。
同賞のトップ10に入った「無縁社会」とは、まったく正反対の温かみのある世界だ。

以前、斎藤美奈子サンが家族と行政について書いたコラムを紹介したが、昔、家族と行政の間に存在してある種の緩衝地帯を形成していた、商店街や近所の「お店屋さん」の壊滅が、現代の「無縁社会」を助長しているのではないだろうか。

大店法の規制緩和で、大型店の出店は容易になり、商店街や個人商店は、ほとんど淘汰されてしまった。
更に斎藤貴男氏の指摘のように、消費税も中小業者に大きな打撃を与えている。
また農業に関しても、中小零細農家を切り捨て、大規模化を進めようとしている。
しかし、大規模化、効率化、競争力の強化の名の下に、失われるものは大きい。

「ゲゲゲの~」が流行する「無縁社会」「格差社会」の中で、「共産主義という妖怪」の出番はないのだろうか。
PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [6]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
10年12月2日 木曜日 12/02・各社社説 今日の社説は政治資金関連と名古屋市長関連が各二社あった 私が社説のブログを創りはじめて分かったのだが、言い方が悪いが、左寄り、右寄り、中間、と社の方針か三つの色をかんじる。 今日面白いと思ったのは 産経新聞の 小沢氏政治資金 公金私物化なぜ許される と 中井氏の非礼発言 問われる民主党の皇室観 の二つで、産経新聞は小沢氏関連を含めて民主党を執拗に追っている感じがして面白く感じた。 確かに、両方も許せないことだが、両者とも他社があまり取り上げていないことだ。...
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請...
10年12月03日 金曜日 12/03・各社社説 今日の社説は 朝日新聞 都の漫画規制―手塚、竹宮の芽を摘むな JAL更生計画―早期再建で国民に報いよ 読売新聞 COP16 京都議定書の単純延長は論外 新常用漢字 学習指導への配慮が必要だ 毎日新聞 お粗末国会 「開設120年」が泣いている インフルエンザ 豚の感染監視にも力を 産経新聞 政策コンテスト 公約見直し歳出増抑えよ 情報テロ 公開には責任と覚悟必要 日経新聞 証券優遇税制の廃止は時期尚早だ 日米演習で一層の連携を 東京新聞 農業...
10年12月4日 土曜日 12/04・各社社説 今日は臨時国会関連が4社。W杯招致関連が2社重複しているのみだった。 考えてみると日本の政治家の質の悪さは、年々ひどくなっているのではと思われることが多々あり、政党間では相手の非を追求することばかり。 考えると、此れ等劣悪なる議員に投票した国民にも責任があるのではないだろうか。 と言って、今解散しても投票すべき政党もなく、候補者もいない日本は、政治のエアポケットはまり込んでいるのが現在の日本の政界なのだろう。 朝日新聞(社説) その1 臨時国会閉幕...
10年12月5日 日曜日 12/05・各社社説 今日は新幹線青森へ、が二社重複していただけだった。 考えると、新幹線青森へが社説に取り上げられると云うことは、なんて日本は平和だということ、裏を返せば危機にたいしての感覚も薄れていると云うことなのだろうか。 朝日新聞(社説) その1 ジョブカード―仕分けを機に再生の道へ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 事業仕分けで否定的な指摘を受けても、そこでの批判をもとに改善に取り組む努力があっていい。一部が「廃止」とされたジョブカード制度も、そ...
10年12月6日 月曜日 12/06・各社社説 今日は見事に各社バラバラの社説だった。その中で普天間移設問題はどうなんだろう。安全保障を考える時に先送りばかりして居る時ではないのではないだろうか。 もう一つ、高齢者の私が気になることは、東京新聞の高齢者の万引だ、私も万引きらしきものを目撃したことがある。問題は生活が苦しい老人か、それとも万引きを罪とは感じなくなってしまった老人たちなのか、どう何だろう。なんだか背筋が寒くなってくる。 朝日新聞(社説) その1 法人税減税―小幅でもやむをえない{/a...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。