忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 04:01:22 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

藤波心ちゃん、スバラシイ!!! 応援しなければ。

  posted by MNG at 17:46:38 │EDIT
 【喜】 ネット上をうろうろしていたら、ぶつかりました。
中学生アイドルのブログに。

タイトルは「批難覚悟で・・・・」

原発事故に関して、実にまっとうな感想を述べている。

しかしこの記事を書くのに、批難を覚悟しなくてはならないとはどういうことなのか。

何とコメントが10800も付いていて、原発推進派からの批難も多い。

それでも覚悟の上で、しっかりと自分の意見を述べている。

実際、放射線の影響をより多く受けるのは、彼女たち若い世代なのだ。

危険な原発に頼らなくても良い、新しいシステムを作っていく展望も語っているし、電力会社や御用学者の欲望で、若者の将来を台無しにしてはならない。

頑張れ!!心!!
PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [6]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請...
何度でもいう、不安を煽るつもりはない。いまさら批判しても始まらない。国民はジタバタしないで座して死を待つしかない。そうならなかったらラッキー、、、という気持ちで粛々と ...
11年3月30日 水曜日 03/30・各社社説 今日は予算成立に関連した社説が5社あった。しかし政治家たちの震災に対しての姿勢は見えてこない。何故なんだろう。考えると多くの議員は震災地以外の選挙区で、震災のことを語っても票には繋がらないから復興に身が入らないのか...
今回の大地震と津波、そして原発事故に、自らの危険を顧みずに働き続けた方々に感謝したい。消防、自衛隊、各自治体やNPOなど、どれだけ多くの方々が、今も現場で働いていることだろう。ことに津波を知らせようとして亡くなられた方々、そして被曝を承知で原発の消火に当...
時間がないので要点のみ.これは阿修羅♪掲示板にめちゃホリディさんが投稿した3月29日の記事『福島原発事故、周辺の地下水や海「著しい汚染」の恐れ=科学者団体』に,匿名の読者が付けたコメント(下記)に対する応答である.タンカーを横付けにするという提案に関しては国土交通省が「タンカーを原発に横付けにするのは難しい」という理由から難色を示した. 現在福島第一原発の現場では,炉心の冷却機能を復活させるための決死の作業が続けられているが,建屋地下に滞留した高濃度の放射能を含む汚染水により工事は難航を極め,ほとん...
みなさんお元気ですか〜??? こころです。 ぱじゃまでスマソ・・・・ 先日、 救援物資+義援金募金行ってきました。 安室奈美恵さん達のように 多額の寄付は 稼ぎの少ない 下っ端芸能人の私には とうてい無理な金額ですが、 私の出来る範囲で 少額ですが少しでも被災地の...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。