忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 04:01:07 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さっそく故障の「もんじゅ」に「×」。

  posted by MNG at 23:22:55 │EDIT
【怒】 「もんじゅ」検出器故障…再開時期に影響も

4月27日11時8分配信 読 売新聞

 日本原子力研究開発機構は27日、5月上旬に運転再開を予定している高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、ナトリウム漏れ検出器1台が故障し たと発表した。

ナトリウム漏れはなかった。機構が原因を調査中だが、原因によっては運転再開の時期に影響が出る可能性がある。

機構によると、26日午後11時59分ごろ、原子炉の熱を伝える2次冷却系と呼ばれる区域で空気中のナトリウムを検知する検出器1台の故障警報が作動し た。職員が調べたところ、検出器に空気を送り込むモーターが過熱して止まっていた。

同じタイプの検出器は2次系だけに32台ある。故障したモーターは昨年5月に交換したばかりだった。機構は、故障した検出器でナトリウムを一時的に検出 できない状態になったことが機構の保安規定に抵触したとして、経済産業省原子力安全・保安院に報告した。検出器は部品を交換し、27日午前5時24分に復 旧した。

もんじゅは1995年12月、ナトリウム漏れ事故で運転を停止した。運転再開を控えた2008年3月にも、ナトリウム検出器で誤警報が発生。この原因と して施工不良が10年以上見逃されていたことなどが判明して、運転再開を延期していた。


きのう、運転再開が事実上了承されたばかりの「もんじゅ」で、さっそく故障が発覚した。
やはり、はじめに再開ありきの、見切り発車だったようだ。
95年のナトリウム漏れ事故以来、今まで再開できなかったのも、技術的な裏づけが無かったからではないのか。
「もんじゅ」は絶対に事故が許されない施設であり、そうであれば、運転を再開すべきではないだろう。


PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [2]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
一時的に手足をもがれた状態になり(脳梗塞)それを契機に映像表現の限界と表現を伝える手段=テレビに疑問をもち、全てを断ち、今はもっとも不得手なインターネット経由で文章を著している。しかし、それがどれだけ「有効に」伝わっているかは、はなはだ懐疑的である。若い....
普天間基地移設問題で政治が足踏み状態となっているかに見える今年の憲法記念日は、今までの、ある意味机上の「護憲・改憲」論議とは異なった、喫緊の現実的課題として、「憲法」の指し示す意味を具体的に考える日となりました。 現在、普天間基地の移設先をどうするかという議論は、米軍の駐留は日本の平和と安全のために必要、という前提に立っています。しかし、普天間基地に纏わる事実を検証すれば、アメリカ海兵隊を沖縄に残さなければならない防衛上の理由は、日本側にとっても、アメリカ側にとっても、もはやほとんど無いことが分かります...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。