忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 22:14:16 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「蟹工船」ブームの火付け役は、元フリーター書店員。

  posted by MNG at 23:04:52 │EDIT
【本】 プロレタリア文学:名作『蟹工船』異例の売れ行き

 ◇高橋源一郎さん雨宮処凛さんの本紙対談きっかけに(毎日新聞)

 日本のプロレタリア文学を代表する作家、小林多喜二(1903~33年)の『蟹工船(かにこうせん)・党生活者』(新潮文庫)が、今のワーキングプア問題と絡んで異例の売れ行きを示している。今年、すでに例年の5倍を超す2万7000部を増刷した。格差社会の現実を映したような現象が、関係者の注目を集めている。【鈴木英生】

 きっかけは、今年1月9日に毎日新聞東京本社版朝刊文化面に掲載された作家の高橋源一郎さん=と雨宮処凛(かりん)さん=の対談。2人は「現代日本で多くの若者たちの置かれている状況が『蟹工船』の世界に通じている」と指摘。それを読んだ元フリーターの書店員が、ブームに火を付けた。

『蟹工船』は元々、1929年に発表された。カムチャツカ沖でカニを捕り、缶詰に加工する船の労働者が、過酷な労働条件に怒り、ストライキで立ち上がる話だ。一昨年と昨年には漫画版が相次いで出版されるなど、多喜二没後75年の今年を前に流行の兆しがあった。 (続きは下記URLで)

http://mainichi.jp/enta/art/news/20080514dde018040019000c.html

戦後獲得された労働者の権利がないがしろにされ、戦前の状態にまで後戻りしてしまったのだろうか。
しかし派遣・フリーター労組などの、新たな動きも出てきているという。
労働者の巻き返しに期待したい。

PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [2]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 真実の国民(権利)保護と、政権交代の必要性   (蔵龍隠士) 「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー〜「消...
「蟹工船現象」について  景気変動による恐慌の発生や、格差の非可逆的な増大や、社会的弱者の放置や、投機の蔓延が自由主義経済の欠陥だとしたら、人智をつくしてそれを補正すればいい。崇高な倫理観をもった為政者が、合理的に資源と成果を配分すれば、理想的な経済社会が実現するはずだ。  20世紀の人類は、その人的、経済的、地理的…あらゆる資源の1/3を提供して、それを実験して失敗した。結論は出ている。実験は失敗したのだ。支那人は、失敗した実験の後始末に、また失敗して、苦しんでいる。にもかかわらず、お...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。