忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 21:57:31 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

役員人事はあるのかないのか、はっきりしろ。

  posted by MNG at 22:47:50 │EDIT
【怒】 自民党の役員人事・内閣改造に対して、報道が毎日コロコロ変わるし、会社によっても論調が違う。
今朝の毎日新聞は「党人事断念」と報じていたが、夕方の時事通信には「人事断行へ再調整」と出ていた。

<麻生首相>党人事断念…求心力低下、不可避

6月30日2時30分配信 毎日新聞

 麻生太郎首相が29日、自民党の役員人事見送りに追い込まれたことで、首相のさらなる求心力低下は避けられない。同党内にくすぶる「麻生降ろし」の動き は現実味を増しており、選挙基盤の弱い中堅・若手議員に加え、中川秀直、武部勤両元幹事長ら党役員経験者からも公然と首相退陣要求が出始めた。「点」にと どまっている麻生降ろしの動きが「線」を結び、麻生包囲網に発展しかねない情勢となってきた。【高塚保、近藤大介、山田夢留】

首相が29日、党役員人事を見送る方向になったのは、衆院解散・総選挙が目前に迫っている中で、党内の反発を押し切れば混乱は避けられないと判断したか らだ。ただ、総裁でありながら党運営もままならない姿を露呈する結果となり、首相の政権運営は一層厳しい状況に置かれた。東京都議選などの結果次第では解 散に踏み切れない可能性も出てきた。

首相が人事の調整に入ったのは、24日夜に安倍晋三元首相と会談した後だ。安倍氏は静岡県知事選と都議選で自民党が劣勢になりつつあるとして、早期の解 散と自民党・閣僚人事の断行を進言した。首相が人事を検討しているとの情報は25日、一気に広まったが、じたばたした印象を与えかねず、党内からは反対論 が噴出した。

党役員人事に慎重だった政府高官は、首相と細田博之幹事長が会うよう根回しを行い、両氏は27日夜、都内のホテルで2時間にわたり会談した。首相は細田 氏に「(人事は)周りが勝手に言っている」などと伝え、党内では「首相は細田氏をクビにはできない」(同党関係者)と受け止められた。

政府高官は「人事には非常にエネルギーが必要で、簡単な話じゃない。変える方もそうだし、変えられる方にとってもそうだ。派閥領袖からも求められていないだろう」と語り、この時期に党役員人事に手をつけるメリットはないと強調した。

ただ、一度は首相が検討に入っただけに、見送りによって「首相はまたブレた」(自民党中堅議員)と受け止められている。

自民党関係者は「閣僚の兼務解消人事がまだ残るが、ここで踏ん張れなかったらもうおしまいだ。麻生さんで選挙はできないという流れになってしまうのではないか」と語る。閣僚人事を実行に移して踏みとどまれるのか、首相は瀬戸際に立たされた。


麻生首相、人事断行へ再調整=「しかるべき時に」と表明-自民内なお反対論

6月30日17時43分配信 時事通信

 麻生太郎首相は30日、自民党役員人事と一部閣僚の兼務解消・補充を週内にも断行するため、再調整に入った。党内の反発でいったんは見送る方向となって いたが、断念となれば求心力の一層の低下を招き、次期衆院選を控えて政権が失速する恐れがあると判断した。ただ、党人事に関しては依然、党内に反対論が強 く、首相が最終的に踏み切れるかどうか流動的要素も残っている。
首相は30日夕、首相官邸で記者団に「人事はわたしが決めさせていただく。しかるべき時にしかるべき方をと前から考えていた」と述べ、党役員・閣僚人事 断行への意欲を初めて明らかにした。また、衆院解散の時期に関しては「いろいろな要素が毎日変わっている。しかるべき時期に判断させていただきたい」と 語った。首相の後見役で町村派相談役の森喜朗元首相は同日午後、党人事に慎重とされる同派会長の町村信孝前官房長官、積極的な安倍晋三元首相と相次いで会 談。派内の意見集約に向け、詰めの調整を行った。 


役員人事とか、麻生降ろしとか、国民不在の選挙延ばしは、もういい加減にしろ。
重要なのは民意だ。自民党の都合ではない。
早く解散しろ!!

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e2158f95f204650718173431fa4a90b1/2c
PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [5]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
 衆院議員の任期切れを9月10日に控え、日々現実味を増す16年ぶりの下野の可能性を前に、シロアリジミン内部において浅ましい限りの党内の権力闘争が続いている。  ことに、無能武部や中川(女)などの一派がアホウ退陣を公然と要求したかと思えば、今度はsのアホウ太郎が一度断念したと思われていた党役員人事と内閣改造に向け再調整を謀る動きを見せるなど、もはや シロアリジミン内部はバラバラの内戦状態 にあると言っても過言ではない!  しかも、両派が掲げる大義名分というのが、いずれも 「党のため」という所にこの権力...
本当に 不愉快な事が多い。 橋下構想とかなんやらと言いながら、ようは首長連合が、一部の政党を支持をするので 支持をされたかったら「言う事を聞け」 と言っているわけで、自民党から支持を受けて当選をした知事や市長はいいのだが、民主党から支持を受けた知事や市長が、自民党を支持をするか否かは、普通の感覚の持ち主ならわかりそうなものである。 地方は、国の奴隷だというのであれば現政権を替えればある程度は流れも変わるだろう。 それを敢えて、自民党に近寄ろうするその態度をみて、大阪府民はどのように考えるだろう。案の...
  昨日、注目された 東国原氏の大臣の入閣と舛添氏の幹事長へという自民党のドタバタ劇 は、麻生氏の突き放した言い方の 「まったくなかった 」で幕切れとなった。 ところが、何処の何方とは申しませんが、 「あの話は、毎日が報道をしたので潰れた」 とのたまっている。つまり、あの話は現実に出ていたということになる。 形に上では、自民党の議員から、 「何の実績のないのに大臣になれるのか」 というクレームという意見が出たとは言われてはいるが、ようは 「自民党がなめられた」 と伝えてはいる。 しかし、それは絶対に...
「エコ」というコトバが大流行です。政府は「エコポイント」だ「エコ減税」だと家電業界や自動車業界の救済に必死です。(何しろほとんどの製品が「エコポイント」や「エコ減税」の対象なのです。) この「エコ」というのは、従来品に比べると消費電力が少なかったり、燃費がよいということのようです。買い換えることによって、これから排出を抑えられる二酸化炭素の量と、今使っているものを廃棄したり、「エコ」な製品を作るために排出した二酸化炭素の量はどちらが多くなることでしょう? 私はどうも「エコ」とか「地球にやさしい」などと...
  7月1日の各新聞社では、 村田良平・元外務次官のインタビュー記事に対しての社説 が一斉に載せられていた。 宮崎からそのまんま東へ行こうと目論んでいる「誰かさん」の話と鳩山民主党党首の献金問題で各マスコミが騒いでいる中で、わざと目立たない日を選んで書かれたのではないだろうかと疑りたくなるタイミングである。 もっと産経だけは、翌2日の産経抄、3日の主張と二日続けてこの問題にふれている。 簡単に言えば、 *「2日の産経は 開き直り 」、「3日の産経は 話のすり替え 」 *「1日の読売は一見バランスを取...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。