忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 05:34:51 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

斎藤美奈子サンに「○」。

  posted by MNG at 23:11:19 │EDIT

【楽】 斎藤美奈子サンはスルドイ。
今月号の
DAYS JAPANのコラムを紹介してみる。

大阪のマンションで母親に置き去りにされた幼い姉妹が遺体で発見された事件と、東京で生きていれば111歳だったはずの男性がミイラ化した遺体となって発見された事件。

このふたつの事件からすぐに連想されるのは、行政の怠慢と、家族の絆の弱体化ということだろうが、行政の事情を見てみると、日本の児童相談所の要員は欧米諸国と比べて格段に少なく、日本では十分な行政サービスを提供できるだけの体制が整っていないと言える。

問題は「家族の絆」の希薄化ではなく、逆に子育ても介護も何もかもを「家族の責任」にしてきた結果であり、家族があてにできなければ行政の責任で、という話になるが、行政も慢性的な人手不足に陥っている。
公務員の数は足りていない。

にもかかわらず公務員の削減や給与カットを支持し、「小さな政府」を標榜する「みんなの党」などに投票する人がいることは疑問だ。
行政の責任を追及するなら、公務員の数を増やして福祉に潤沢な予算を回せ、と主張してもいいのではないか。

行政の怠慢をなじりつつ「小さな政府」を支持する矛盾。
公務員バッシングでのウップン晴らしは本末転倒、悪循環というしかない。

大雑把に言えば、こんなことが書いてあった。
納得である。

そしてこの件には、「家族」と「行政」の間に存在した「地域社会」の崩壊が大きく影響しているのではないかと思う。

この「地域社会の崩壊」に関して、後日触れてみようと思う。

 

PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [0]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。