忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 05:47:22 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

消費税を知らない菅総理に「×」。

  posted by MNG at 18:52:13 │EDIT
【怒】 昨日の夕方、いつものように店番をしながら民放のラジオを聴いていたら、アグネス・チャンが出てきたのでNHKに切り替えたところ、菅総理と小沢氏の共同記者会見を放送していたので聴いた。

途中からだったが、二人の主張の違いは明らかで、特に最後の一言がそれぞれの違いを端的に表わしていた。

菅総理は、この代表戦は誰が総理に相応しいかを選ぶ選挙だと言い、驚くことに、小沢氏が総理になっている姿は想像できないとまで言い放った。

総理には自分こそが相応しいと思っているのだろうが、カン違いも甚だしい。
あくまでも自分中心の物の考え方で、いくら
レバニラ炒めを食べて庶民派をアピールしてみても、国民生活のことなど眼中にないことが伺える。

それは消費税に関する発言での、「多少の負担」という言葉でも明らかだ。
総理にとっては「多少の負担」かもしれないが、庶民にとっては大きな負担だ。
更に、消費税の納税義務者である中小企業・自営業者にとっては、まさに生死に関わる大問題なのだ。

このマスコミが報じない消費税の本質について、余すところ無く明らかにしているのが、斎藤貴男氏の
「消費税のカラクリ」である。
内容については
こちらのブログが、的確に要約されているので、紹介させていただく。

総理にはこの本を読んで、消費税がいかに中小業者を痛めつけ、また輸出企業を潤しているかを学んで欲しい。
福祉の財源となるべき消費税が、逆に福祉の受給者を生み出してしまうというのは、まさに皮肉以外の何物でもない。
国民の生活を考えれば、消費税増税は主張できない筈だ。

一方、小沢氏の主張は、国民の生活を第一とした、衆院選のマニフェストを守るべきだというものだった。
その中でもよく分かったのが、補助金についての発言だった。

現在は地方への補助金が、国の事業メニューに従わなければならないため非常に効率が悪く、融雪装置を作るために、誰も利用しないスキー場を作らされた例を挙げて説明していた。
補助金を地方の裁量で使えるようにすれば、今の6割程度で効果的に必要な事業を実施することができ、税金の無駄遣いをなくせるし、またそうしなければならないということだった。

こういう財務省に都合の悪いことは、菅総理にはできないだろう。
財政再建のために、官僚の意を汲んで国民を犠牲にするような政権には、これ以上続いてもらうのは迷惑だ。
3ヶ月で、すでに中身は見えた。
菅政権は、もうたくさんだ。


PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [6]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示し...
続:菅直人、反小沢連合の信義無き戦い!★代表選挙で焙り出された菅直人政権の実態。
               ずっと政局の噺ばかりなので本職は講談師かと疑われるかもしれないから、たまには(これで多少アクセスを減らしても仕方ない)ちょっと硬めの政策の話をしたい。小沢一郎の数々の政策の新機軸は実現可能か否かは別として、具体的でかつ画期的....
 次期首相を決める民主党代表選であるが、09マニフェストの実現を目指す小沢前幹事長と霞ヶ関垢悶倶楽部とグルになった阿波狸の操り人形と堕した変節菅との激戦が続いている。  今回の代表選は、8年ぶりに一般党員やサポーターも投票できるわけだが、 記者クラブや官房機密費という既得利権死守のためには小沢前幹事長を葬り去りたい売国珍聞惨経は『変節菅優勢、小沢氏サイド「サポーター票争奪」に必死』などという根拠もない世迷い言 を垂れ流している!  確かに、惨経を筆頭とする売国翼賛マスゴミどもが、日夜小沢前幹事長に対...
9月4日に新宿西口で行われた演説会の動画をみたそれぞれ十五分の演説、三十分ほどで終わる動画であるおのまの感想:小沢一郎と菅直人の政治家としての資質、姿勢がおおいに違うことが分かる 菅は財務官僚に取り込まれたのだろうが、来年度予算を一律10%カットする方針で臨む小沢は一律カットという手法を容れないおのまも銀行時代に経験したことであるが、一律カットとか、横並びとかいうのはかつての大蔵省が日常的にとっていた杜撰で横着な手法である。現場現場の事情をしつこくみることがなく、きめ細かい対応というもの...
菅氏「首相を選ぶ選挙」=小沢氏「政治主導実現する」―民主代...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。