忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 05:15:47 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

MDは無駄。

  posted by MNG at 22:44:04 │EDIT
【怒】 MDイージス艦が出港 近くハワイ沖で迎撃実験
2007年12月15日 11時15分

 【ホノルル14日共同】海上自衛隊の艦艇として初めて、ミサイル防衛(MD)の主要装備として米国製の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載したイージス護衛艦「こんごう」(7、250トン)が14日午後(日本時間15日午前)、太平洋上でのSM3の発射試験のため、米ハワイの海軍基地を出港した。

 米同盟国では初のSM3試射。こんごうは敵の弾道ミサイル攻撃を想定し、米軍が発射した模擬の短距離弾道ミサイルをSM3で実際に迎撃。システムの有効性や信頼性を確認する。

 こんごうは10月に長崎県・佐世保基地を出港。先月には、米国がハワイ沖で実施したSM3による複数の模擬弾道ミサイルの迎撃実験に参加。今回の発射試験に備え、標的となるミサイルをレーダーで捕捉、追尾する訓練を行った。

PAC3訓練を延期 テロ特措法、不祥事に配慮
12月15日18時36分配信 産経新聞

 首都圏での配備が進むミサイル防衛(MD)システムの中核をなす地対空誘導弾パトリオット(PAC3)について、防衛省は12月中に予定していた移動展開訓練を来年に延期する方針を固めた。訓練は国が管理する新宿御苑(新宿区)、防衛省のある市ケ谷駐屯地(同)で今月予定され、その後、東京都が管理する晴海埠頭(ふとう)公園(中央区)でも実施する計画だった。新テロ対策特別措置法案の審議中であることや、防衛省不祥事への反発が強まっていることを配慮したとみられる。

 PAC3は、イージス艦に搭載された海上配備型迎撃ミサイル(SM3)が大気圏外で撃ち漏らした弾道ミサイルを地上から迎撃するもの。射程が20キロ以下と短く、首都の中枢機能を守るには、配備されている航空自衛隊入間基地(埼玉県)から器材を都心に移動させる必要がある。

 周囲にビルなどの遮蔽(しゃへい)物があるとレーダー、管制装置、通信機器が正確に機能しない恐れがあるため、訓練は実戦同様の環境でレーダーの感度や通信状況を確認することにある。

 訓練は当初、今年9月の予定だったが、安倍晋三前首相の辞任による政治状況の混乱で12月に延期されて、さらに年明けに先送りされることになった。


国民の目に見える都内での訓練は延期するが、目の届かないハワイでは実験を行なうという。
姑息なやり方だ。

MD配備は日本の防衛ためではなく、あくまでもアメリカの戦略に基づくものだ。
こんなものに、国民の血税を注ぎ込む事は許されない。

MDなんかにうつつを抜かしている間に、国民生活は追い詰められようとしている。
政府が本当に国民を守ると言うのなら、絵空事のミサイルの危機からよりも、今現実の国民生活を守らなければ意味がない。

PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [0]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。