忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 17:29:13 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このままじゃ大変なことに?もうとっくに手遅れだ。

  posted by MNG at 22:23:15 │EDIT
【哀】  「このままじゃ大変なことに」直談判の与謝野氏ら
7月16日3時9分配信 
読売新聞

自民党内で、麻生首相への逆風がやまない。

15日も与謝野財務相と石破農相が首相と直談判して厳しい党内情勢を伝え、首相批判を強める議員は、退陣に追い込む両院議員総会の実現になお血眼となっ ている。首相はこうした動きに不快感を強めており、週明けの衆院解散に向け、この一両日、首相と「反麻生」勢力との攻防が最後のヤマ場を迎えそうだ。

「このままじゃ大変なことになりますよ」

与謝野、石破両氏は15日、首相官邸の執務室で首相と向き合い、与謝野氏の地元・東京都、石破氏の地元・鳥取県の選挙情勢の厳しさを説明しながら、衆院選への強い危機感を示した。

与謝野、石破両氏は昨年9月の自民党総裁選で、首相と争ったことを機に関係を深めた間柄。12日の都議選惨敗を受け、2人で情勢を分析し、示し合わせて首相を訪ねた。

首相が都議選結果に対し、「国政と地方選は直接関連しない」と発言し、しかも都議選の総括を明確にしないまま、21日にも衆院解散を断行し、8月30日 投開票とする日程を決めたことに対し、ともに強い不満を抱いていたという。このため、両氏は「両院議員総会で、首相が一連の地方選敗北について陳謝した上 で、衆院選に向けて協力を求めることが必要だ」との見解を伝えたとみられる。

実際、石破氏は15日、周囲に「(生還の見込みなく沖縄戦に出撃した)戦艦大和には納得してから乗らないといけないのに、全く説明がない」とこぼした。

両氏とも、極めて厳しい表情で首相官邸に姿を見せ、終了後も無言のまま官邸を後にしたため「与謝野、石破両氏が首相に辞表を出しに来た」との見方が一時駆けめぐった。

「辞めるとか辞めないとか、しかも結局ガセネタだ。そういう話が表面化すること自体、もうどうしようもない。断末魔だな」

閣僚の一人はこう嘆いた。

最終更新:7月16日3時9分

「このままじゃ大変なことになる」って、だったら麻生を降ろせばどうにかなるとでも思っているのなら、与謝野も石破もまったく国民の気持ちが分かっていないとしか思えない。

武部はもちろん、塩崎も加藤元幹事長も、的はずれだ。

中川(女)が集めた両院議員総会開催を求める署名も、書いていないと言ったり、取り下げると言い出す者も出てきて、結局総会は見送りになったようだ。

もう、これだけ醜い争いを見せつけられれば、国民もあきれ果てているだろう。

あがけばあがくほど、深みにはまるのが分からないのだろうか。
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれというが、自民党にはもう手遅れだ。
今はもう、まな板の鯉の心境で、潔く審判の日を待つしかない。
国民が引導を渡してくれるだろう。

PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [0]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。