忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 22:06:23 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

審査員。

  posted by MNG at 23:38:52 │EDIT
【喜】 もう、ひと月以上前の話だが、芥川賞と直木賞の受賞者が決定した。
ふだんはあまり興味があるわけではないのだが、今年は特別だ。
なぜかというと、直木賞を受賞した桜庭一樹さんが、わが県の出身だからだ。
この受賞は、県内ではかなりの話題になったし、ローカル放送局のアナウンサーが彼女のクラスメイトだったりして、なかなか盛り上がった。
そして、受賞作の「私の男」という作品は、なかなかの問題作のようだ。
「オール読物」の今月号に、直木賞の選評が載っていたので読んでみた。
作者の可能性を評価する意見が多かったが、林真理子氏と渡辺淳一氏は、厳しい意見を述べていた。
特に林氏は、感情的に好き嫌いを述べているだけのようで、ちょっと嫌な感じだった。
とにかく桜庭さんには、今後ますます頑張ってもらいたいと思う。

【怒】 そしてついでに文藝春秋を見ると、芥川賞の選評が載っていた。
ここでゴーマンかましていたのが、石原都知事殿だ。
曰く、「軽くて薄い」。
しかし、都知事自身の書かれた「太陽の季節」は、そんなに「重くて厚い」作品だったのだろうか。
非常に疑問である。

極めつけは去年製作した、「俺は君のためにこそ死にいく」という特攻隊映画だ。
これこそ薄っぺらな、お涙頂戴ナショナリズム映画だったことは、興行成績がさっぱりで巨額な赤字を出したことでも明白だ。
他人に文句を言う暇があったら、自分のことをもっとしっかりやったほうがいいだろう。

文藝春秋社も、受賞作以来ほとんど文学的業績のない傲慢男を、いつまで審査員にしておくつもりなのか。
早く審査員を辞めさせなければ、芥川賞の権威に傷がつこうというものだ。
PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [0]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。