忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 14:39:08 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1票の格差に違憲判決。

  posted by MNG at 19:10:59 │EDIT
 【喜】 1票の格差:参院選5倍「違憲」 「不条理は正せ」 興奮の原告弁護団

予想もしていなかった。大変な判決だ」。今年7月の参院選の1票の格差5・00倍を違憲とした17日の東京高裁判決に、各地の高裁で同様の訴訟を起こしている原告グループのメンバーは歓喜の表情を見せた。「不条理は正すべきだ」。今後も相次いで出される司法判断に、期待を寄せる声があがった。【伊藤一郎】

 判決後の会見で、升永英俊弁護士は「鳥取の人を1票とすると、東京の人は0・2票しかない」と説明。「性別による差別が許されないように、住所による差別も不条理。多数の国民が(1票の格差により)少数の国会議員しか選べない現状はおかしい」と指摘し、「この裁判は、日本国民全員が代議制民主主義国家を作ろうという運動」と語った。

 「裁判長らに敬意を表したい。清き1票だと思っていたら、0・2票しかなかったというのはおかしい」。久保利英明弁護士も興奮気味に語り「今までこういう状況がどうして合憲なのか、全く理解できなかった。他の高裁も今回と同様の判断を示すことに期待したい」と話した。

 伊藤真弁護士は「判決は(格差が)国民主権の原理に反すると明確に指摘している。我々が主張してきた中核部分を認めてもらえた。都道府県を選挙区のまとまりとすることに意味はないとしている点でも画期的な判断だ」と評価した。

 一方、17日午前の同種訴訟で、東京高裁の別の裁判長から正反対の「合憲」判断を受けた山口邦明弁護士は、午後の違憲判決を受けて「国民の側からすると分かりやすい判決で、裁判長を上手に説得した升永弁護士らに拍手を送りたい」と語った。「裁判長によって判断が分かれるのは、国民には理解されにくい。同じ選挙の定数是正訴訟は、同じ裁判長が扱うという仕組みも考えるべきではないか」と提言した。 【毎日新聞】

東京高裁で「1票の格差」を違憲とする、画期的な判決が出た。
鳥取と東京で5倍もある格差は、すみやかに是正されなければならない。
しかしその鳥取にすむ当方としては、少し言いたい事もある。
確かに1票の重みはあるかも知れないが、1人区であるためにどうしても死票が多いのだ。
私の重みのある1票は、残念ながらほとんど候補者の当選につながったことがない。
今回の参院選でも、東京の死票は24%だが鳥取は49.2%で、2倍以上だった。
さらに東京は5人区で、候補者選択の幅がある。
1票の重みは5倍かもしれないが、選択の自由は5分の1であり、さらに投票の無効性は2倍である。
過疎地は、1票の重みはあるかも知れないが、他に良いことはあまりない。
ちなみに1人区は29あり、その死票率は39.4%から63.8%で、平均は49.8%。
2人区は27%から49%で平均は37.8%、3人区は27%から43%で平均は38%だった。
5人区は東京のみで、先述のように24%。
やはり小選挙区ほど、死票率が高くなっている。
この点から見ても、今回の判決の「都道府県を選挙区のまとまりとすることに意味はない」という指摘は重要だと思う。
1票の重みの差が少なく、死票も少なくなるような選挙制度への、抜本的な改革が望まれる。

PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [4]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請...
10年11月19日 金曜日 11/19・各社社説 今日は各社が取り上げるような大きな出来事がなかったのか・重複している社説は 柳田法相発言関連が2社・事業仕分け関連が2社だ。 その他、新防衛大綱・一票の格差・日航整理解雇・武器輸出三原則・仙谷官房長官発言・帳尻合わせの子ども手当・海上保安官の非・ナラ枯れ・と各社バラバラだった しかし、柳田法相発言と言い、仙谷官房長官発言と言い閣僚が軽々しく発言する内容ではなく、これら閣僚を任命した首相に責任があると思う。 だが、自民党時代から必ず不謹慎な大臣が出現してい...
10年11月21日 日曜日 11/21・各社社説 今日の社説は、武器輸出三原則・IMF改革・防衛大綱改定・GDP拡大・新戦略概念・論調観測・在り方検討会議・参院「一票の格差」・商社の提言を機に・日航の整理解雇・障害児教育・ネット選挙と社説のブログを作りはじめて初めて重複のないバラバラの社説だった。 その中で気になる社説は武器輸出三原則だ。 戦後、軍隊でない軍隊が誕生して法的に拘束の多い軍隊だが、立派な軍隊が存在する。ただ日本の軍隊は戦後ただ一人も他国の国民を殺害していないことだ。 だから人を殺戮する武器...
そもそも、政権が交代してなんか意味があったのだろうか?政権交代は結果として誰がやっても同じであり、やや停滞をもたらしても民主党がいいか、ややスピード感があるが汚れていても仕方がないか、という違いである。でもだからといって民主党が汚れでいないわけではなく、....
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。