忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 09:43:05 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国民審査は、やっぱり駄目だった。

  posted by MNG at 18:42:01 │EDIT
【哀】 はじめから分かっていた。
分かってはいたが、もう少し不信任が多いのではないかと淡い期待を抱いていたが、やはり駄目だった。
最高裁裁判官国民審査のことだ。
全員信任ということは報道されたが、内容はどうだったのか分からなかったが、忘れられた一票さんのところで見ることができた。
さすが、素早い対応だ。

竹内行夫の罷免運動がサンデー毎日でも取り上げられ、彼だけでももう少し数字が上がらないかと思ったのだが、駄目だった。
全員が6から7%台という結果。

やはり、これは制度に問題があると言わざるを得ない。

結局私の投票は、小選挙区・比例区・国民審査、すべて死票に終わった。
残念至極だ。

国民審査だけでなく、小選挙区制にも大きな問題がある。
後日、このことに触れてみたい。

PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [4]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 「護憲+」第七期スタート  (百山・管理人) 「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと   (笹井明子) 「護憲+」ブ...
  産経は、駆け込み天下りや補正予算執行停止には極力触れず、国益・外交問題に関してだけは、「わぁ~わぁ~騒いでいる」。 駆け込み天下に関しては、「面従腹背とも思える官僚機構を、民主党はどう突破するのか。」と嘯いているのだが、本当に空気がよめていない。 また補正予算執行停止に関しては、「遡及(そきゅう)的に変更していいか、法律論でも政治論でも問題がある」とする与謝野氏の言葉をただ載せてお茶を濁している。 マスコミに伝え方もあるだろうが、「駆け込み天下」に本気で怒っている人間は自分の周りにも多い。 ロン...
8月30日の夜は日本中が驚いたことと思います。TVをつけたとたん民主党候補の当確の速報が次々とあらわれたのですから。 確かに歴史的な出来事ではありましたが、「小選挙区制度」の怖さと「この博打のような制度で本当の『民意』は反映されるのだろうか」という疑問も感じました。同時に民主党に対する期待の大きさから、期待に応えられなかったときの反動の大きさも心配になりました。 この選挙の意義やこれからの政権のあり方等については、このサイトでも様々な人たちからそれぞれの意見が述べられると思いますので、話題を少しずらし...
  4日に、自民党の都道府県連の幹事長などを集めた全国幹事長会議、5日は地方組織の幹部会などの会合が行なわれた事が新聞・テレビで伝えられている。 はっきりしたのは、自民党総裁選の日程が「18日告示・28日投開票」とする方針で決まったということだけである。 4日に行なわれた全国幹事長会議での各県連のコメントを見て違和感を覚えた。 岩手県連 >県と国のパイプ役がいなくなった。政策を決める中に県連幹事長や民間人を入れてほしい。 鈴木俊一、玉澤 徳一郎 の二名が落選をして岩手に 衆参議員が誰もいなくなった ...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。