忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 00:31:12 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

虐殺の片棒を担ぐ者に、「私生活の平穏」を言う資格があるのか。

  posted by MNG at 00:04:03 │EDIT
【怒】 <ビラ配布>防衛庁官舎に立ち入り…3人の有罪確定へ
4月11日15時50分配信 
毎日新聞

自衛隊イラク派遣反対のビラを配るため東京都立川市の防衛庁(当時)官舎に立ち入ったとして、住居侵入罪に問われた市民団体メンバー3人に対し、最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は11日、上告を棄却する判決を言い渡した。全員を罰金刑の逆転有罪とした2審・東京高裁判決(05年12月)が確定する。小法廷は「3人の行為を罪に問うことは、表現の自由を保障した憲法に違反しない」と述べた。

 3人は「立川自衛隊監視テント村」のメンバー。2審は練馬区職員、大洞(おおぼら)俊之(50)と介護助手、高田幸美(さちみ)(34)の両被告に罰金20万円を、会社役員の大西章寛(のぶひろ)被告(34)に罰金10万円を言い渡し、弁護側が「ビラ配り目的の立ち入りを有罪としたのは憲法違反」と上告していた。

 判決は、官舎共用部分を管理する自衛隊当局がビラ配りを禁止する表示をしていたことや被害届を出したことから、「住居侵入罪が成立し住民の被害も軽くない」と述べた。

 そのうえで、表現の自由について「民主主義社会で特に重要な権利だが、他人の権利を害するのは許されない」と指摘。「ビラ配布という表現の自由の行使であっても、管理者の意思に反して官舎に立ち入るのは、住民の私生活の平穏を害する」と結論付けた。

 2審判決によると、3人は04年1月、官舎内に立ち入り、各戸の玄関ドア新聞受けにビラを入れた。大洞、高田両被告は同2月にも立ち入った。1審・東京地裁八王子支部は04年12月、「正当な政治的意見の表明で、罰するほどの違法性はない」と全員を無罪としたが、2審は「表現の自由は尊重されるべきだが、他人の権利を侵害してよいとはならない」と1審判決を破棄していた。【北村和巳】

この最高裁判決で最も重視されたのが、「住民の私生活の平穏」だ。
自衛隊はビラ配布によって、「私生活の平穏」を害されたというわけである。
では自衛隊はイラクでは「住民の生活の平穏」を害さなかったのだろうか。
確かにサマワでは非効率な給水支援と学校の補修などをしたあとは、宿営地に引きこもってばかりで、住民に危害を加えたことはなかったかもしれない。
しかし航空自衛隊は、米兵と米軍の物資を輸送して、イラク住民虐殺の片棒を担いでいる。
自衛隊はイラク「住民の生活の平穏」を破壊しているのだ。

配布されたビラはイラク派兵に反対するものであり、イラク住民の「生活の平穏」を取り戻そうとするものだが、自衛隊はそのビラが郵便受けに入れられることによって「私生活の平穏」が害されるという。
しかし、イラク住民の虐殺の片棒を担ぐものに、「私生活の平穏」を主張する資格があるのだろうか。

自衛隊がイラクに行って、イラク「住民の生活の平穏」を破壊しなければ、官舎にビラを入れられて「私生活の平穏」を害されたと感じることもなかったはずだ。
イラク住民の虐殺を手助けするイラク派兵を一刻も早くやめることが、イラク住民と自衛隊の双方の「生活の平穏」に近付く第一歩になるのではないだろうか。
PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [3]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
先日出た、葛飾政党ビラポスティング裁判の高裁逆転有罪判決について、私の考えをまとめていきたいと思います。 その前に、同じ種類の裁...
「護憲+」ブログ: 「護憲+」資料館のご案内   (蔵龍隠士) 「護憲+」ブログ: 真実の国民(権利)保護と、政権交代の必要性   (蔵龍隠...
先日、チベットに対する中国政府の弾圧に端を発する北京オリンピックへのフランスでの抗議運動の様子がテレビで放送されていた。それにもとづいて色々と考えたことを書いてみる。 日本では、政治に対して積極的に「異を唱える自由」が保障されていない。異を唱える運動をうまく受け入れたり検討する余地もない。自衛隊派遣反対のチラシを配るだけで捕まったことを思い出しても、そう思う。 今回のテレビのニュースは、フランスでの抗議行動をなにやら危ないものとして報道していたと、私は受け取った。 フランスでは北京オリンピックに限ら...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。