忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 22:18:50 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

疑わしきは死刑。

  posted by MNG at 23:34:14 │EDIT
【怒】 林被告の死刑確定へ=発生から11年、上告棄却-和歌山毒物カレー事件・最高裁
4月21日15時12分配信 
時事通信

 1998年に和歌山市で発生し、4人が死亡、63人がヒ素中毒を起こした毒物カレー事件で殺人などの罪に問われ、一、二審で死刑判決を受けた林真須美被 告(47)の上告審判決で、最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は21日、「鑑定や状況証拠などから、被告が犯人であることは証明された」として、被告側 上告を棄却した。
地域の夏祭り会場で住民が無差別に殺傷された事件は、発生から11年近くを経て、動機が未解明のまま死刑が確定する。
判決で同小法廷は(1)カレー鍋のものと特徴が同じヒ素が被告宅などから発見された(2)被告の頭髪からヒ素が検出され、取り扱っていたことが推測でき る(3)混入の機会があったのは被告だけで、鍋のふたを開ける姿が目撃された-と指摘。林被告の犯人性について「状況証拠を総合することで、合理的な疑い がない程度に証明されている」と判断した。
一、二審で動機が未解明だった点については「被告が犯人であるとの認定を左右しない」とした。その上で、「楽しいはずの夏祭りで突然前途を断たれた被害 者の無念は、察するに余りある」と言及。「(カレー事件への)関与を全面的に否認し、反省の態度を全く示していない。卑劣、残忍で、刑事責任は極めて重 大」として、死刑判断を是認した。


自供もない、直接的証拠もない、動機も解明されない中での死刑判決。
さらにニュースでは取り上げられていないが、警察の強引な証拠集めや証言の取り方もあったようだ。
日本の裁判には、推定無罪という原則は適用されないようだ。
マスコミは被害者側に立った感情的な報道を繰り返すが、本当に犯人かどうかが分からない時点で、被害者感情を元にした容疑者バッシングを煽ってはならないだろう。

実施が迫っている裁判員制度も、先が思いやられる。

PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [1]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと   (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第六期を迎えました   笹井明子(管理人) 「...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。