忍者ブログ

今日の「○」と「×」

身の回りから世の中までを見渡して、感じた「○」と「×」。

[PR]

  posted by at 22:38:50 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

司法修習生が就職難。

  posted by MNG at 21:50:33 │EDIT
【怒】 弁護士の「就職難」加速=未定者、前年の倍に-日弁連
6月25日19時30分配信 
時事通信

 今年末までに修習を終える司法修習生へのアンケート調査で、「就職先は未定」と回答した人数が、昨年同時期の2倍に増えていることが25日、日弁連の調査で分かった。修習生約2400人のうち、現時点で約500人の就職が決まっていないとみられ、弁護士の就職難が加速している実態が明らかになった。
 司法試験合格者は1000人程度で推移していたが、法曹人口を増やす方針に基づき年々増加。就職難が予想されていた昨年の新人弁護士は、日弁連が積極採用を呼び掛けた結果、大半が就職先を決めたが、その分のしわ寄せが今年に及ぶと予想されていた。

小泉政権はいったい何を考えていたのだろうか。
法曹人口を増やすことに、いったい何の意味があるのか。
資格取得者が増えるばかりで就職難をもたらすとは、いったい何のための法科大学院だったのか。
強引な裁判員制度導入のためだったのか。

その一方で医学部の定員を減らしたために、医師不足で医療現場は崩壊寸前だ。
法曹人口と医療人口の、どちらが優先されるべきかは自明だろう。

そしてこれにからんでくるのが、外資の保険ではないのか。

アメリカの訴訟社会で一番問題になっているのが医療訴訟であり、医師が高額の保険に入るために治療費が高騰し国民を苦しめている。
日本もそういうアメリカのような社会にしようとしたのが、小泉・竹中だったのではないか。

今回のニュースを見て、そんなことを考えた。
PR
COMMENT[0]
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [2]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー〜「消えた」年金)   (蔵龍隠士) 「護憲+」ブログ: 2007年を振り返り、200...
「誰かの運命を決めるのが裁判官の仕事だと思ってたから、勉強することを大変だとは思わなかった。」〜本文より〜 来年5月から始まる裁判員制度に向け、最高裁司法研修所は1日までに、殺意や正当防衛、責任能力など難解な法律概念が争点となる事件について、裁判員に判断し...
隠された被爆労働~日本の原発労働者
アーティストは訴える!!
「ずっと嘘だった」 「サマータイムブルース」 「LOVE ME TENDER」 「原発賛成音頭」 「警告どおり 計画どおり」 「チェルノブイリ」 「僕と彼女と週末に」
原発の危険性
源八おじさんとタマ
Yahoo!ニュース・トピックス
お天気情報
バーコード
アクセス解析
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
国民の生活が第一
国民が主人公
最新コメント
[05/20 Paris call girls]
[05/15 backlink service]
[02/18 Natashazer]
[02/08 Natashazer]
[01/24 ☆]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
MNG
HP:
性別:
男性
自己紹介:
戦争は忍び足でやって来る。守れ憲法9条。